MM2Hビザ取得 | ジョホールバル 不動産なら「JJ Brights」
 Home » MM2Hビザ取得

マレーシア・マイ・セカンド・ホーム(MM2H)は、マレーシア政府によって推進されているプログラムであり、
一定の基準を満たす外国人に対してマレーシアでの長期間滞在を可能にさせる、長期滞在ビザ取得プログラムです。
ビザの有効期限は10年間になります。  

MM2Hビザ取得 3つのポイント


①マレーシアに移り住む必要がありません!
MM2Hビザを取得したからと言ってマレーシアに移住しなければいけないわけでも、
最低滞在日数の指定があるわけでもありません。
申請時に満たさなければいけない条件は複数ありますが、
好きな時に好きなだけマレーシアに滞在することが可能です。
マレーシアは年々日本人が移住したい国1位に選ばれていることもあり、
過去から現在渡って多くの日本人がこのMM2Hビザを取得されています。

②マレーシアに銀行口座を開設することができます!
現在、非居住者がマレーシアで口座の開設をすることは大変難しくなっていますが、
MM2Hビザの取得で容易に開設が可能になります。
これにより自己資産を日本以外の国に移すことができ、マレーシアの高金利(定期預金 約3.1%)にて
運用が可能になります(年齢により預金最低預入金額が指定されています)。
その他、不動産ローンの借入がしやすくなる等のメリットもあります。

③お子様もMM2Hビザの取得でご一緒に居住することができます!
教育面にも力を入れてきているジョホールバル、マルボロカレッジ(5歳から18歳までの子が通う学校)や
その他有名校にお子様を進学させるためにMM2Hビザを取得する方も増えてきています。

この3つが主なポイントですが、その他免税で車を輸入・購入することや、
パスポートの有効期限が10年以内の場合でも、
申請することによりビザの延長や更新も可能です(特定条件を満たしている場合のみ)。
MM2Hビザを取得する上で一番重要になるのはお客様の経済面です。

MM2Hビザ申請費用


MM2Hビザ申請費用:189,000円
費用に含まれる業務内容:
●書類作成・翻訳・認証・提出
●ビザ申請日当日に訪問する観光局や保険会社等への同行
※医療保険料やビザそのものの代金は別途で発生します。
 別途費用は個人差がございますが、RM760~1,570となります。
 (28円/RMで日本円に換算すると約2万~4万5千円程)

MM2Hビザ申請条件


<申請者が50歳未満の場合>
①資産証明:RM500,000(日本円にして約1,400万円)
②収入証明:月収RM10,000(日本円にして手取り約28万円)
③マレーシア国内の銀行へ預金:RM300,000(日本円にして約840万円)

<申請者が50歳以上の場合>
①資産証明:RM350,000(約980万円)
②収入証明:月収RM10,000(日本円にして手取り約28万円)
③マレーシア国内の銀行へ預金:RM150,000(約420万円)

最後に


将来マレーシアを居住の拠点にすることを検討されている方、今から資産分散を含めた準備をされたい方は、
最初の一歩としてMM2Hビザの取得をお勧めします。
マレーシア政府による公式ホームページはこちらからご覧頂けます。
マレーシア・マイ・セカンド・ホームの公式ホームページ

私たちはMM2Hビザ申請代行業の免許を持つ優良パートナー会社と協力関係を結び、
皆様のMM2Hビザ取得のサポートを致します。

ページトップへ

 ● 不動産購入
 ● 内装・賃貸管理
 ● 視察ツアー
 ● 賃貸物件
● MM2Hビザ取得
● エリア紹介
● 特別マニュアル
● 配信レポート
● 会社案内
● 取材・出店実績
● よくあるご質問
● お問合せ