Mail:info@jjbright.com マレーシア:+60 17 714 5477 
取材・出展実績 | よくあるご質問 | お問合わせ 

エリア紹介




area1
ジョホールバル市街地のメインの開発区。イスカンダルプロジェクトのA地区の中心開発区。

ジョホールバルとシンガポールを繋ぐ橋Causeway(コーズウェイ)は現地人のシンガポールへの通勤道路として1日約30万人の往来がある。

シンガポール最北端の町Woodlands(ウッドランズ)には2019年に向けてトムソンライン(地下鉄)が決定しシンガポール政府のホームページでも新たな入国管理局としてHP上にアップロードされている。

マレーシアのCIQ(入国管理局)に繋がるCity Square(シティスクウェア)、Komata(コムタ建設中)がありジョホールバルのショッピングの中心地でもある。

シンガポール・ジョホールバルを繋ぐ地下鉄開通を見越し、2013年12月現在10棟を超えるコンドミニアム、ホテル、サービスアパートメントの建設が進んでいる。

■このエリアの人気物件
Vantage Bay、R&F、Astaka、Setia 88、Suasana、Summer Place、Sky Suite、SKS Residence 等

area1

area2
マレーシアの入国管理局から車で約5分。ジョホール州王様の王宮やロイヤルジョホールカントリークラブがあり昔から高級戸建てエリアとして有名なエリア。

特にStrait ViewやKolam Air地区には大きなバンガロー(1戸建て)が多く並ぶ。

2010年の海岸高速道路開通後は、シンガポール側に面した水辺の高級コンドミニアム開発が多く着手されシンガポール人の購入も多い。

Country Garden(中国)、Tropicana(クアラルンプール)、Capital Land(シンガポール)といった大手デベロッパーの複合開発が特徴的。

■このエリアの人気物件
Summer Scape・Petrie Condominium・Paragon Residence 等

area1

area3
ジョホールバル市街地西側約30kmに位置する新興開発エリア。

イスカンダルプロジェクトのB地区に指定されており、シンガポールとジョホールバルを繋ぐ2本目の橋Second Linkから約15分でアクセスできる。

元々丘陵地のプランテーションエリアを政府系デベロッパーUEM LANDを中心に2006年より一体開発を進める。

1つ1つのプロジェクト単位が大きいのが特徴で2013年12月現在の人口は約12,000人だが、レゴランド、エデュシティ、マルボロカレッジ、パインウッド・スタジオ、メディ地区、Silcといった雇用を創出する産業を呼び込んでいる。

■このエリアの人気物件
Horizon Hillls(ホライズンヒルズ)、Puteri Harbour(プテリハーバー)、East Ledang(イーストレダン)、Ledang Heights(レダンハイツ)

area1

area4
ジョホールバル市街地から東に車で約15分に位置するエリア。

マレーシア国内の最古デベロッパーBRDBが約20年掛けて開発し続けており、日系スーパーのジャスコがあり、毎週日曜日はナイトマーケットが開かれる。

また日本人学校も近く、日本人学校行きのバスが通っている為、ジョホールバルの駐在員の多くがStraits View Condominiumに賃貸している。

このエリアから更に東へ10分程いくとパシグダン工業団地があり多くの工場や石油関連会社が進出している。

■このエリアの人気物件
Straits View Condominium、Senibong Cove

area1

area5
ジョホールバルで一番日本料理、韓国料理店が集中している古くからの街。

週末にはシンガポールからの流入が激しく車の洗車や飲食をする家族連れで溢れる。

街自体は古い印象だが地元スーパーGiantや屋台(ホーカーセンター)もあり、毎週火曜日になるとナイトマーケットが出現し、新鮮な野菜、魚も手にする事ができる。

現地人にも愛される街で、東南アジアの雑多な感じが好きな方にはお勧め。

area1

area5
・Leisure Farm
・Austin エリア
・Bukit Indahエリア